バストアップと遺伝の関係ない?

私の親は非貧だから…
今までのたくさんバストアップをためしたけど、何も効果がなかった…
だって遺伝なんだから!

 

と、遺伝のせいにしてバストアップを諦めているあなた!
近年では、バストアップと遺伝はほとんど関係ないといわれているんです。

 

逆に考えると、諦めていたバストアップが遺伝のせいではないので、正しい知識でバストアップすれば胸は大きくできるということなんです。

 

バストは、乳腺、脂肪組織、筋組織から構成されています。
脂肪が90%、乳腺が10%と言われています。
バストアップに大切なのは乳腺の発達と促すこと。
そして、乳腺が発達すれば脂肪の量も増えていきます。

 

実は、胸が小さい原因は、生活週間や食生活、ストレスなどが最も大きいと言われています。
よって、遺伝がすべての原因ではないんですね。

 

乳腺を発達させるためにはどうしたらいいの?

乳腺を発達させるには、女性ホルモンを活発にすることが重要です。

 

女性ホルモンを活性化させるには、バストアップに良いとされる食材から栄養素を摂取することや、マッサージ、ツボを刺激する、エクササイズなどがあります。

 

さらに、サプリメントやバストアップクリームに配合された成分を摂取することで、より効果的に乳腺の発達を促す事ができます。

 

プエラリア、ボイフィリン2つの成分があれば、女性ホルモンの活性化させながら、バストに脂肪を増やす事が可能になります。

 

遺伝だからと諦めていたあなた!

 

正しい知識でバストアップすれば着実に大きくすることができるのであきらめないで下さい。
ただし、バストアップは短期間で行うものではありません。
毎日バストケアを行う事が大切という事を肝に銘じてバストアップしてくだ最ね!

 

セルノートでバストアップ!短期間で簡単に胸が大きくなる方法トップページ